カウンセリングを受けて、心を少しでも楽にしよう

心療内科への受診

うつ病かなと思ったら無理をせず心療内科へ行きましょう

基本的にうつ病とは、意欲・興味・精神などが極端に低下してしまい、食欲が無くなり、睡眠がとれなくなり、苦痛や不安感にみまわれる精神疾患です。社会に出て働き日々生活する中で、家庭・仕事・人間関係様々な場面で、問題が起き、それによるストレスが原因で、うつ病なるケースも多いようです。また、うつ病に気づいていない方も多いのではないでしょうか。うつ病は心療内科で治療します。治療の第一段階として、先生(カウンセラー)とカウンセリングを行います。日々の悩み、症状について包み隠さず先生に伝えます。第二段階は、カウンセリングの内容から、薬による治療をしていきます。気持ちが楽になる薬や、睡眠を促す薬などを処方してもらいます。治療期間は、年単位で長い期間必要と考えたほうがいいです。精神的に少しでも不安を感じたら、一人で悩まず、心療内科で診察してもらうことをお勧めします。

正しく治療すれば克服できます。

個人では、自分がうつ病なのか判断できないものです。まずは、自分がどのような病気なのかを見つけることが重要で、そのために、心療内科があるのです。自分がうつ病であれば、その病気を治療していけば良いのです。その為に、心療内科があります。先生の指導のもとで、正しく治療すれば克服できます。最近は、20代、30代と若い世代の患者も多く見かけます。おそらく、病院へ行くと、同年代の方も同じ悩みで通っていると感じると思います。また、医学の進歩でうつ病の治療薬も豊富にあるのに驚くことでしょう。費用は、保険が適用されるのと、自立支援などの国の制度を利用することで、無理なく治療ができます。 病気を克服し、新たな自分を発見し、以前よりも数倍アップした、明るく楽しい生活を送りましょう。

Menu