カウンセリングを受けて、心を少しでも楽にしよう

休養を行なう

うつ病にかかってしまったら

疲労や落ち込みと混同されがちですが、何もやる気がでない、食欲がない、自殺願望があるなどの症状がある場合、うつ病が疑われます。はずかしがらずに、専門機関を訪ねてみましょう。そしてうつ病であると診断された場合は、周りの人の理解が不可欠です。理解のない人には、怠けているとか甘えていると思われてしまいがちなうつ病ですが、自分の症状と必要な治療をしっかりと伝えて、正直に協力を求めましょう。がんばって、といわない、気分が沈んでいるときは詮索せずに、そばで支えてもらうなど、理解があってこその介助のしかたがあります。家族や恋人がうつ病になってしまった際の対応について学べるセミナーや機関もいろいろありますので、参考にしてみるとよいでしょう。

十分な休養と薬による治療

もともと、責任感が強く、人に甘えるのが苦手な人がかかりやすいうつ病ですので、そう診断されたとしても、甘えていたり怠惰だと思われるのが怖くて、周りの人に助けを求めたり自分の病状をさらけだすのが心苦しい人も多いかもしれません。しかし、うつ病の治療に必要なのは十分な休養です。自分に必要以上に厳しくならず、正直にまわりの人に助けてもらいましょう。また、うつ病治療においてもうひとつあげられるのは薬による治療です。これも、自分に精神疾患があるという現状を認めるのがいやで、薬物による治療に抵抗があり、薬を拒否する人もいるようですが、うつ病もほかの病気と同じように、薬をのんで体の異常を治す必要があります。専門家のアドバイスに従って、治療に専念しましょう。

治療の方法と費用について

昨今多くの人がうつ病にかかっています。 そして、この病気ですが今では多くの治療方法が確立され治る病気となりました。 それだけではなく、治し方を自身で決めることのできる幅のある治療も行えるようになっています。 治療の方法は今現在も一般的には薬物療法と認知行動療法が主流となっています。 薬物療法は昔から行われる薬によるうつ病の治療方法で多くの実績と信頼を得ている方法となります。 この方法では患者に適した薬を使用します。 金額は病気の程度で変化しますが、高額になる場合にはジェネリック医薬品や自治体の支援制度を利用することで安くできます。 認知行動療法も信頼ある方法で、カウンセリングによって認識変化をおこしつつ治していく方法です。 認知行動療法を行う病院はサービスによって金額が変化します。 自分に適した病院を選びましょう。

うつ病の歴史と最新技術について

うつ病の治療には多くの歴史があります。 今も続く薬物療法や認知行動療法も何度となくバージョンアップされ現在の形となっています。 使用できる薬も増え、今ではジェネリックという選択肢も出てきました。 そんな中で新しく出てきた治療方法も存在します。 それはTMSによる磁気刺激によるうつ病の治療方法です。 この方法では脳に磁気的刺激を当ててうつ病を治療します。 この方法の一番のメリットは治療期間が一ヶ月半程度とかなり短くなっていることです。 そしてこれ以外にも薬を使用しない為副作用がほとんどないこと、他の治療方法が効かなかった人にも有効な可能性がある点が挙げられています。 このように今ではうつ病は多くの方法で治していくことのできる病気となっています。

Menu