種類が豊富にある

もともとは節約のためから広まったパッチワークですが、その源流を遡るとヨーロッパにおける装飾に辿り着きます。
当時はドレスに使われたレースをイメージしたデザインのものが流行したようです。
やがてアメリカに渡った時はまさに不況のさなかということで、その暗い空気を少しでも明るいものにしようということで、多くの色使いやデザインの麻袋を活用して主婦の間で広まったとされています。
そこには色やデザインへのこだわりが見られ、そして仲間うちでそれを披露することが流行りだったようです。

そして現代においてはキルトや糸にこだわったものが人気を集めています。
さらに、ネットを利用しての発表ということも、かつてのグループを作ってのお披露目にも通じるものがあります。

パッチワークの類似品とは

同じように糸を使うものとして、編み物も昔から受け継がれている人気のものです。
こちらも様々な素材を使用することによって、個性的な作品を仕上げることができる点でパッチワークと同じような芸術性を見せるものとなっています。
また、単なる実用品としてではなく作品として、ネット上で公開することにより愛好家と意見交換ができる点においても、やはり同じような環境にあることがわかります。
技術に磨きをかけることによって、独創的な一品を生み出すことができる喜びを味わうことができる数少ないものとして世界的に人気を集めているものとなります。
これまでは、節約と暇つぶしとして行われる事が多かったものですが、芸術作品作りという意味合いが深まったものとなっています。

パッチワークに必要な金額について

パッチワークはキルトと糸があれば、誰もがどこででも行うことができるものです。
けれどもそれは非常に奥が深く、技術を向上させるためにセミナーに通う人も多くいます。
そのために、セミナーや講習も多く開催されていて、その費用は決して安いものではありませんが、それでも競争の激化によって費用も安くなってきています。
そしてキルト素材も凝ったものとなると、比較的高価なものもありますが、大抵は安く販売されているものをいかに活用するかに注目されます。
そのアイデアが高く評価されるというわけです。
またそこにこそ、楽しさや醍醐味といったものが集約されているというわけです。
そしてそれを発表し合うのが楽しみ方のひとつでもあります。

オススメリンク



誰でも簡単に始められる

パッチワーク-継ぎはぎ(つぎはぎ)-キルトなどを縫い合わせて1枚の大きな布を作る手芸。
綿、裏布と3層に合わせてキルティング刺繍を施したものがパッチーワーク・キルトと呼ばれている。

このパッチワークというものは、自宅でできることや自分で手軽にデザインでき、かつベッドカバー、Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031